INOSの家

廣居建設は、高品質の住宅性能を誇る、イノスの木の家も取り扱っています

イノスの家は、今までの木の家とは明確に違う5つのポイントがあります。

構造の信頼性が格段に高い、デジタルフレーム構法

イノスの家のデジタルフレーム構法は、構造材に高強度・高精度のPFウッドを使用し、コンピュータによる構造計算を行うことで、建築基準法以上の強度が証明された非常に頑丈な構造です。従来の木の家と比較して、構造の信頼性は大きく違います。

地震や台風に対する強さ

地震や台風に対して重要なのは、耐力壁の量と配置バランスです。イノスの家は建築基準法以上の耐力壁の総量を確保し、偏心率(建物のねじれ)0.3を上回る0.2の強度とバランスを推奨しています。

耐力壁の量

壁のバランス

耐力壁とは、地震や台風など横からの力に対抗する壁のことで、耐震性能において重要な役割を果たします。

雪や自重に対する、柱や梁、基礎の強さ

積雪や住まい自らの重さによって梁や柱、基礎には大きな力が加わっています。イノスの家は日本建築学会基準より、たわみに強い梁と、荷重に座屈しない太さを持った柱を使用し、基礎も一邸一邸の重量を計算した設計を行っています。

梁の強さ

柱の強さ

高強度・高精度のPFウッドと、ノウハウを蓄積した施工技術

構造計算上の強度を十分に発揮させるために、イノスの家は構造材に強度・精度が均質なPFウッドを採用しています。さらに建築工事はイノスグループが独自に積み重ねた施工マニュアルに沿って行われ、高品質の住宅がつくられます。

FPウッド

木材は産地や樹種が同じでも、強さや品質にばらつきがあります。PFウッドは、反りや曲がり、強度を一本一本確認し、JAS規格より厳しい寸法検査を経て芯まで乾燥させた高性能の構造材です。

PFウッドの4項目の品質検査(無垢材)

木材は産地や樹種が同じでも、強さや品質にばらつきがあります。PFウッドは、反りや曲がり、強度を一本一本確認し、JAS規格より厳しい寸法検査を経て芯まで乾燥させた高性能構造材です。

家中の温度差を少なくし、ヒートショックや結露によるカビ・ダニの発生を防ぐ

日本では年間14,000人の方がヒートショックを原因とした脳・心疾患によって亡くなっています。また室内温度差による結露によってカビが発生すると、それを餌とするダニが発生し、アレルギー皮膚炎などさまざまな病気リスクが高まります。断熱性の高いイノスの家は室温を一定に保ち、健康で快適な暮らしを提供します。

イノスの家は標準仕様で、長期優良住宅の性能をクリア

長期優良住宅とは、長期間にわたって住宅を良好な状態で長持ちさせるために設けられた国の認定基準です。イノスの家は標準仕様で認定をクリアしています。
(長期優良住宅の申請は別途必要です)

長期優良住宅

耐震

巨大地震(震度6強~7)で倒壊せず、大地震(震度6強)に損傷しないと定められた建築基準法のさらに1.25倍以上の耐震性能。

省エネ基準(平成25年基準)

2020年にすべての新築住宅が義務化される改正省エネ基準に対応。建物の断熱性とエネルギー消費量を基準内に。

寿命

建物の構造躯体は100年程度の寿命を想定し、数世代にわたって使用できること。

メンテナンス

内装や設備の維持管理(清掃・点検・補修・更新)が容易で行えること。

税制優遇

行政による長期優良住宅の認定を受けることで、さまざまな税制の優遇を受けることができます。※詳しくはお問い合わせください

火災に一定時間耐えることで、避難時間と消火開始までの時間を確保し被害を最小限に

外壁や軒裏を防火構造にすることで隣家などからの延焼を防止。万が一部屋から火が出ても壁や天井に難燃性の資材を採用しているので延焼を遅らせることができます。こうした防火性能によってイノスの家は火災発生から一定時間延焼や倒壊を防ぎます。消火活動の95%は火災通報から15分以内に開始されるので、生命や財産を守ることに大きく貢献します。また火災保険料も安くなります。

イノスの家は、安心の定期点検付き住宅

住友林業㈱イノス営業部技術スタッフによる施工現場チェックを行い、お引渡し後は住友林業ホームテック㈱による定期点検を実施しています。

安心と責任のお約束、工事完成保証制度

イノスの家は完成保証も取り扱っております。ご希望の方は、工事完成保証保険の手続きが必要になりますのでお問合せください。