よい会社の選び方

家づくりやリフォームに失敗しないためによい建築会社を選ぶ「5つの方法」をお教えします

新築住宅・リフォームでいちばん大切なこと。それは建築会社選びです。「価格が安かったから・・・」「無料サービスが多かったから・・・」など、お得な理由だけで選んでしまったために、施工が雑だったり、余計な追加工事が発生したり、約束が守られなかったりという話をよく聞きます。そこで、建築会社を選ぶ判断基準として、建築業界でよく知られている「よい会社の選び方」を紹介します。


1. 契約を急がない会社を選ぶ

「いま決めていただければ・・・」「すぐに契約していただければ・・・」という話は注意が必要です。契約を急ぐのは建築会社の都合(もしくは担当者の都合)であり、工事内容や見積りをしっかり煮詰めていない状態で契約することは、後から追加が発生したり、言った言わないなどのトラブルが起きやすいのでとても危険です。
値引きやサービス、限定などで契約を急がせる会社よりも、一つ一つ丁寧に、納得するまで打合せをする会社を選んだ方が安全です。

2. 高額な値引きをしない会社を選ぶ

高額な値引きをすると、職人さんの手間賃や材料費を削ったりと、お客様が見えないところで調整している可能性があります。建築は人の手でつくられるので、職人さんたちのモチベーションを下げる行為は、仕事の質を下げることに直結します。
また、値引きを前提としてあらかじめ利益を多くして見積りを作成している場合もあります。値引きをすることは、お客様ごとに利益が変わること。つまり、お客様を差別していることと同じです。初めから裏表のない見積りを出す会社の方が、安心で信用に値すると思います。
高額な値引きをする会社はこのような背景がありますので、「私は値引き交渉はしません。だから初めから努力した見積りを出してください」と伝えてから打合せをすることをお勧めします。

3. 図面や工程がしっかりしている会社を選ぶ

建築工事は、ごく一部の少額工事以外は必ず図面が必要です。図面が無いということは詳細な見積りではないと言うことです。また、工程表をきちんと作成しないと職人さんの手配など工事がスムーズに進まず、約束の期日までに完成することができない可能性が高まります。
新築工事や高額リフォームを依頼する場合は、いままで工事をした図面と工程表を見せてもらい、しっかり作成しているかを確認することが大切です。

4. 他社の悪口を言わない会社を選ぶ

自社を選んでいただきたいために、他社の悪口を言う会社があります。このような会社は、お客様が契約に至らなかった場合、そのお客様の悪口を言っている可能性があります。競合他社やお客様を悪く言う会社は、それだけで信用できません。それよりも、自社のメリット・デメリットを正しく伝えて、お客様の建築計画に真摯に向き合う会社の方が魅力を感じます。
他社を悪口を言う会社や担当者は、決して選ばない方が賢明です。

5. 建築現場がキレイな会社を選ぶ

建築で使用する材料は、お客様のお金で購入した大切なモノです。だから現場搬入した時は汚さぬよう、キズが付かないように整理整頓して置くことは当たり前です。そして、お客様の敷地・住まいで仕事をさせていただいているので、ゴミを散らかさず清掃を徹底することも当然のことです。
建築現場が汚い会社は、お客様への感謝や思いやりが欠如している会社です。一方、美化意識が高い会社は施工精度が高い傾向があります。建築現場をチェックすることは建築会社選びの鉄則とも言われていますので、検討する際や契約をする前に必ず「建築現場がキレイか?」をチェックしてください。